2012年09月04日

就学前教育でシャイな子どもに生じる学習能力の問題点、研究


就学前教育でシャイな子どもに生じる学習能力の問題点、研究

シャイな子どもは、おしゃべりで外向的なクラスメートと比べて就学前教育において存在感を失うリスクが高まり、学習能力に問題が生じる可能性もある――前週、米学術誌「学校心理学ジャーナル(Journal of School Psychology)」でこのような内容の研究論文が発表された。

 新学期の初めにシャイで内気な行動を見せる子どもは、スタート時に不利な状況となるだけでなく、年間を通じて学習ペースが落ちる傾向も伺えるという。

 論文の共同執筆者、米マイアミ大学(University of Miami)のエリザベス・R・ベル(Elizabeth R. Bell)氏は声明の中で、「とても内向的な子どもたちは『教室内での存在感が薄くなる』傾向にある。このような子供たちは問題を起こさないが、この時期の唯一の学びの場とも言える教室で活動や交流に積極的に関わろうとしない」と述べている。

 研究では、米国に住む3〜5歳の就学前幼児、約4420人のデータを分析し、感情および行動面での特性と学習の進み具合について、教員による年3回の評価が行われた。

 研究ではこのほか、(幼稚園における)年長もしくは女児の方が、問題行動を起こす傾向は低く、社交・言語・計算の能力も高かったとされ、就学前教育での環境によりうまく適応できるようだという。

 一方、オーストラリアで発表された最近の研究では、子供たちが成長して幸福な人生を送るために必要なのは学業での成功よりも、強い社会的ネットワークだとの結論が出されている。この研究では、子どもが周囲に与える好感度、1人で過ごす時間の長さ、親子および対人関係、そして若者同士の集まりやスポーツクラブへの参加度合いなどが調べられた。








公務員試験通信講座 公務員試験に絶対に合格しなければならない!
公務員試験に合格する方法!
posted by キャロル at 11:57| Comment(0) | 子供のNews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

「気分は兵士」子どもたちのサマーキャンプ、ハンガリー


「気分は兵士」子どもたちのサマーキャンプ、ハンガリー

ハンガリーの首都ブダペスト(Budapest)近郊で、地元のビジネスマンが企画した「軍事訓練」のサマーキャンプに参加する子どもたち。

このサマーキャンプは11〜21歳までが参加可能。キャンプではモデルガンや実物の銃器を発砲できないように改造したものが使われ、ハンガリー軍兵士の指導のもと、1週間まるで実際の兵士さながらの生活を送る。

写真は空砲の銃で、発砲訓練をする子どもたち








幼児教育 幼児/子供を天才に育てあげる子育て術
posted by キャロル at 09:03| Comment(0) | 子供のNews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

新生児連れ去り23年間育てた女に禁錮12年、米裁判所


新生児連れ去り23年間育てた女に禁錮12年、米裁判所

米ニューヨーク(New York)の病院から生後3週間の赤ちゃんを連れ去り、23年間わが子として育てていた女が略取罪に問われた裁判で、マンハッタン(Manhattan)連邦地裁は30日、禁錮12年の有罪判決を言い渡した。

 判決によるとアン・ペットウェー(Ann Pettway)被告は26歳だった1987年8月4日、看護士に変装してハーレム病院(Harlem Hospital)に侵入し、生後19日のカーリナ・ホワイト(Carlina White)さんを連れ去った。ケビン・カステル(Kevin Castel)判事は当時、被告が流産を3回経験して重度のうつ状態にあり、錯乱していたことを認めた上で、「親にとって最悪の悪夢を押し付けた」と犯行を非難した。

 ペットウェー被告は、自宅に連れ帰ったカーリナさんに名前を付け、実の娘として育てた。だが、カーリナさんは徐々に自分の身元に疑問を感じるようになり、2010年に全米行方不明・被搾取児童センター(National Center for Missing and Exploited Children)に自ら連絡。DNA検査の末、前年になってようやく実の両親を突き止め、再開を果たした。

 現在25歳のカーリナさんは公判には出廷しなかった。

■母「娘はまだ帰ってきていない」、父「実刑23年を」

 公判でペットウェー被告は罪を認め、カーリナさんの両親に謝罪した。しかし実の母親であるジョイ・ホワイト(Joy White)さんは、「無数の破片に砕け散ったような気持ち」だと心境を吐露。赤の他人にわが子として育てられたカーリナさんが、いまだに自分のアイデンティティーをめぐる混乱から解き放たれていないことを明かし、家族の苦しみを訴えた。

「娘は私のそばにいますが、心はまだ帰ってきていないのです」

 一方、父親のカール・タイソン(Carl Tyson)さんはペットウェー被告への怒りをあらわにし、禁錮12年・保護観察処分3年の判決は軽すぎると批判。「23年間は刑務所に入って欲しかった」と判決後に記者団に語った。







参考
何歳になっても身長が伸びるモデルの身長アップ法
posted by キャロル at 11:45| Comment(0) | 子供のNews | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。